応用簿記

今現在の財務状況を把握することで、将来的な企業の戦略を見直すことができたり、効果的な対策を講じることが可能となります。財務状況を知る上で必要となるのが企業会計であり、簿記と呼ばれる技法です。大きく分けて商業簿記と工業簿記に分けることができますが、実際にはこのほかにも様々な簿記技能があり、それらを応用簿記と表します。

応用簿記には実に多くの種類がありますが、その中でも最も一般的かつ我々の身近に存在するものの一つが家計簿です。家計簿は立派な簿記の一種であり、貯金を除いた現金での収支を把握する上で必要となります。単式簿記と呼ばれる手法が用いられることが多く、簡単な記入で財務状況を把握することができますが、複雑な計算や分析はできません。

応用簿記の一つとして農業簿記がありますが、これは工業簿記と同様に原価計算を伴います。日本の農家は個人事業主が多いため、家計との区別をつけるためにも用いられることが多いです。漁業における簿記が漁業簿記で、漁場料やエサ台、船舶の維持費などを経費として計上することが特徴として挙げられます。

この他にも、建設業簿記や林業簿記、銀行、官用、組合、農協簿記といったものもあります。それぞれに特徴はありますが、最も大きな特徴は経費として計上する費用の種類、違いでしょうか。また、官用簿記における収入は税金となり、組合簿記は非営利団体ですから収支均衡に着眼点を置いていることが特徴と言えるでしょう。